団のプロフィール

 豊田市民合唱団は、前身である「第九を歌う市民のつどい」のメンバーが中心となり、「第九だけでなくいろいろな歌を年間を通して歌いたい」という願いのもと1985年1月に発足しました。

 現在、職業も合唱歴も様々な団員が、豊田市陣中町にある豊田市音楽練習場を拠点に、“明るく、楽しく、美しく”をモットーに、合唱に熱く、和気あいあいと活動しています。

 なお、当団は、新型コロナウィルスの影響により、全体としての活動を7月まで自粛しておりましたが、8月から感染症対策(マスク着用、アルコール消毒、検温、微酸性電解水の噴霧、換気など)を徹底しながら、2021年7月の合唱交歓会に向けて、少しずつ活動を再開しております。

 定期演奏会についても、新型コロナウィルスの状況を見ながら、開催に向けて練習してまいります。

指導者

 合唱指導者    塚本 伸彦

 ピアニスト    竹内 理恵

 ボイストレーナー 神田 豊壽

 ボイストレーナー 三輪 陽子

 ボイストレーナー 二宮 咲子

写真及び来歴については、以下のPDFファイルをダウンロードしてご覧ください。

演奏略歴

・1986年に「第1回定期演奏会」を開催して以来、34回の定期演奏会を開催

・15回の「とよた第九」を開催

・「合唱交歓会」「とよた市民野外劇」の他、豊田市コンサートホールの主催公演に出演

・出張演奏会として、「石野交流館 石野に集う古里音楽会」、「足助交流館 豊田市民合唱団in足助」、「ひまわり懇談会」、「セントレア 空港音楽祭」、「明治村 春のミュージアムコンサート」などのコンサートに出演

受賞歴

2006年 平成18年度愛知県芸術文化選奨文化賞

2011年 豊田市文化功労賞

共演歴

【指揮者】朝比奈隆、モーシェ・アツモン、外山雄三、飯森泰次郎、小林研一郎、現田茂夫、大友直人、西本智実、竹本泰蔵、山田和樹、髙谷光信など

【オーケストラ】大阪フィルハーモニー交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、京都市交響楽団、大阪センチュリー交響楽団、新星日本交響楽団、セントラル愛知交響楽団など

【独唱】佐藤しのぶ、錦織健、緑川まり、西明美、青山智英子、福島明也、直野資、池田直樹、高橋啓三、与那城敬など

【歌手】北島三郎、五木ひろし、大黒摩季など

活動記録

当団の活動記録については、以下のPDFファイルをダウンロードしてご覧ください。